Plantronics + Polycom. Now together as Poly Logo

[Poly] Poly Studio X30/X50 Microsoft Teams モード変更 かんたんセットアップガイド

Highlighted
Polycom Employee

[Poly] Poly Studio X30/X50 Microsoft Teams モード変更 かんたんセットアップガイド

はじめに

 

本ガイドは、Poly Studio X30、X50 を Microsoft Teams モードでご利用いただくための設定をまとめたものです。

 

前提条件は Poly Studio X Software 3.1.1-216122 以降となります。 詳細については、弊社サポートサイトで提供する以下ドキュメントをご参照ください。

 

Poly Partner Mode が該当ドキュメントとなります。

 

https://support.polycom.com/

Documents & Software > Telepresence & Video

 

https://documents.polycom.com/

Telepresence & Video

 

準備

 

設定用PC Poly Studio X30、X50を Microsoft Teams モードとしてセットアップするPCをご用意ください。本体と接続可能なネットワークに接続できることと、下記のブラウザーが要件となります。最新情報はRelease Notes  – Supported Browsers に記載があります。

 

- Google Chrome 46.0.2490.86 and later

- Apple Safari 9 and later

- Mozilla Firefox 42.0 and later

- Microsoft Edge 17 and later

 

コントローラー

 

Poly Studio X30、X50を Microsoft Teams モードとしてセットアップするには Microsoft Teams を操作するためのコントローラーが必要です。選択肢としては、Poly TC8 を含めて4つ選択肢があります。

 

- Bluetooth リモコン

- Poly TC8

- タッチスクリーンモニター

- Trio

 

ネットワーク環境

 

Poly Studio X30、X50を Microsoft Teams モードとしてセットアップするには下記のネットワーク環境が必要です。本体側にはインターネットに接続可能な有線LANが必要です。固定で IP アドレスを設定する静的 IP アドレスも設定可能ですが、初期設定時にはDHCPサーバーが必須です。

 

- DHCP サーバー

- DNS サーバー

- NTP サーバー

 

また、このほかに Proxy サーバーや、Microsoft Teams 側で要求される UDP/TCPの要件などがあります。詳しくは下記のドキュメントをご参照ください。

 

Microsoft Teams 用に組織のネットワークを準備する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/prepare-network

 

初期設定

 

Poly Studio X30/X50の起動 各種セットアップドキュメントに従いケーブルを接続、 本体を起動します。 Poly Lens 広告 最初に Poly 管理ツールであるPoly Lensへの登録を促す画面がでます。タッチスクリーンやマウスを接続している場合はLater をクリックします。デバイスがない場合、30秒ほど待つと次の画面に進み再起動します。 画面最下部でカウントダウンが表示されます。この画面が表示されず、Detecting Network が表示され続ける場合は、ネットワーク上のDHCP サーバーの有無をご確認ください。

 

1.png

Web管理画面へのアクセス方法

 

標準で用意されている管理画面へのアクセス方法が表示されます。IP Address と Password が必要となるため、メモをお願いします。なお、マウスやタッチスクリーンなどない場合、30秒でこの表示は消えます。

 

 

2.png

 

- IP Address: 本体に割り振られたIP Address

- User Name: admin (固定値)

- Password: 6桁の英数字 (シリアル番号の下6桁)

 

デフォルトパスワードのメモを取り忘れた場合でもシリアル番号の下6桁を確認することでサインイン可能です。 PCのブラウザーからIPアドレスを使い管理画面にアクセスします。

 

https://本体の IP Address/

言語:日本語

ユーザ名:admin

パスワード: (シリアル番号の下6桁)

 

3.png

 

 

Microsoft Teams モードへの変更

 

Web 管理画面からMicrosoft Teams モードに変更します。

 

 [一般設定]-[プロバイダ]からプロバイダの選択で Microsoft Teams を選択し、保存をクリックします。システムが初期化及び再起動します。

 

4.png

 

 

Microsoft Teams モードにするため システムが再起動

 

5.png

 

6.jpg

 

画面上に表示されているデフォルトのパスワードでサインインします。

 

7.png

新しいパスワード、新しいパスワードの確認で新規パスワードを入力、使用許諾契約書への同意にチェックを入れ [次へ] を選択します。

8.png

 

 

システム言語で日本語を選択します。

 

9.png

なお、本体は日本語となりますが、TC8は英語のままです。今後のソフトウェア更新で日本語に対応予定です。 再起動後、Web画面に再度サインインします。 [一般設定] から [日時] を設定します。

 

- 日付形式: yyyy-mm-dd -

タイムゾーン:(GMT+9:00)大阪、札幌、東京

- 時間サーバー:自動または手動など。 手動の場合NTP サーバーの情報を入力

 

10.png

 

[一般設定] から [デバイスの管理と更新] を選択します。アップデートのダウンロード元:をPolycom サポートサイトにして、[アップデートをチェック] をクリックし、最新OSの有無をチェックします。最新版がある場合、[すべてをアップデート] します。

 

Poly TC8 をご利用の場合、ペアリングされていることを確認します。されていない場合、[利用可能なデバイス一覧] に表示されているか確認し、されている場合はペアリングします。利用可能なデバイスにも表示されない場合は、ネットワークの同一セグメントにデバイスが設置されているかをご確認ください。

 

ペアリングが確認されたら、 [新しいデバイスの自動ペアリングが有効] のチェックを外します。

 

11.png

なお、Bluetoothリモコンをお使いの場合には、[一般設定]-[リモコン]から指示に従いペアリングします。

 

[一般設定] から [システム設定] を選択します。 デバイス名を部屋の名前にするなど、わかりやすい英数字のデバイス名に変更します。[ルーム名] は Microsoft Teamsモードでは利用しません。

 

11.png

 

Microsoft Teams 設定

 

コントローラー設定

 

Poly TC8では本体側との間で自動的にペアリングがされます。カーソルキーをタップして、サインインを選択できるか確認します。

 

タッチスクリーン設定

 

タッチスクリーンを利用する場合は、設定なしで利用が可能です。サインインをタップします。

 

13.jpg

 

Microsoft Teamsサインイン

 

Microsoft Teams コラボレーションバーとして、Poly Studio X ファミリを利用するには、Microsoft ミーティングルームライセンスが割り当てられたのあるユーザで端末にサインインする必要があります。

 

Microsoft Teams のコラボレーションバーの展開

 

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/devices/collab-bar-deploy

 

電子メールアドレスまたは電話番号にカーソルを合わせ選択するとソフトウェアキーボードが表示されます。Teams アカウントの電子メールアドレスを入力し、次へを選択します。

 

14.jpg

 

指示に従い、パスワードも入力サインインします。

 

15.jpg

Poly Studio X ファミリーがコラボレーションバーとして利用可能となります。

 

16.jpg

 

 

Microsoft Teams 利用での Poly Studio X30、X50初期セットアップは以上になります。

 

 

Yuki Iwagishi
Tags (2)
Message 1 of 1