Plantronics + Polycom. Now together as Poly Logo

[Poly] Poly VideoOS Software 3.2.2 新機能および変更点

yiwagishi
Polycom Employee & Community Manager

[Poly] Poly VideoOS Software 3.2.2 新機能および変更点

 

2020年11月に Poly G7500, Poly Studio X ファミリー共通のソフトウェアである Software 3.2.2 がリリースされました。3.2.1との差分をリリースノートをもとに解説します。機能タイトルはリリースノートと合わせるため意図的に英語にしています。

 

参考情報

 

Poly Video OS Software 3.2.2 新機能

  • Multicamera Support with Zoom Rooms
  • Monitoring the System Remotely
  • Default Logging Level
  • Auto-Merge Incoming Call to Current Call
  • Miracast Enhancements
  • Device Mode Enhancements
  • Update Device Registration When Downgrading System from 3.2.2 to 3.2.0

 

Multicamera Support with Zoom Rooms

 

•G7500 と Studio X50 システムで動作する Zoom Rooms が複数カメラの搭載をサポートしました。複数カメラをG7500 や Studio X50 に接続すると、 Zoom Meeting 中や通話外のときに自分側のカメラを Zoom Room コントローラーから選択可能です。

•G7500 では最大1台のHDCIカメラと2台のUSBカメラが選択可能です。Studio X50 システムでは最大1台のUSBカメラを追加できます。Studio X30 ではこのUSBカメラ追加機能はサポートされていません。

•Zoom Rooms での G7500/Studio X50 では次のUSBカメラが複数カメラ機能にテストされサポートされています:

  • Poly EagleEye Cube USB
  • Poly EagleEye IV USB

 

Zoom コントローラでは"カメラの切り替え" 機能としてボタンが表示されます。

https://support.zoom.us/hc/en-us/articles/204065759-Zoom-Rooms-Camera-Controls

1.png2.png

 

Monitoring the System Remotely

 

Web インターフェイスからシステムのスリープ解除やカメラの制御が可能です。Poly Video Modeのみの機能です。

–リモートカメラ制御

–リモートでのスリープ解除

 

Control the Camera Remotely

 

•リモートからカメラ制御ができます。.

•自分側のカメラと相手側のカメラの両方をWebインターフェイスからモニタと調整ができます。

•リモートでカメラを制御するには:

–1 Webから音声/ビデオ/コンテンツ> ビデオ入力

–2 現在の人物カメラからモニタしたいカメラを選択.

–3 診断> リモートモニタ から次の操作ができます:

➢ カメラの移動のための方向キー.

➢ カメラのズームのための+ または -.

➢ こちら側カメラのミュート、ミュート解除,ビデオフィードからのカメラ選択

➢ プリセットの読み込み、, プリセットに行き、プリセットを選択

 

3.png

 

Wake the System Remotely

 

•Webインターフェイスからシステムのスリープモードを解除できます。.

•システムのスリープ解除には

–1 Webインターフェイスから 診断 > リモート監視

–2 システムの起動からシステムのスリープモードを解除するを選択

 

4.png

 

Default Logging Level 

 

•Poly VideoOS software 3.2.2では, デフォルトログレベルがDebugとなりました。

5.png

 

Auto-Merge Incoming Call to Current Call

•通話中に新規着信があった場合、自動応答をして既存通話に追加するかどうかを設定できます。新規着信で追加できるのは音声のみです。

•通話に自動応答を設定するには:

•1 Webインターフェイスから 通話設定> 通話設定

•2着信通話を現在の通話に自動マージで次のオプションを選択

–➢ はい: システムは自動応答し、着信をマージします。.

–➢ いいえ: 手動で着信に応答します。

–➢ 着信拒否: 着信は通知なしに拒否されます。

•3 保存を選択

7.png

 

利用者側の画面(着信通話を現在の通話に自動マージ:いいえ)の場合

 

8.png

この通話では音声のみとなります。

9.png

 

 

 Miracast Enhancements

•Miracast は接続デバイスからアクセスがあるたびに必ずPIN番号を表示するようになりました。Miracast 設定画面のPIN番号が必須のチェックボックスは削除されています。

 

10.jpg

 

Windows 表示 画面

11.png

WebインターフェイスはMiracast 利用中にセカンダリとしての Wi-Fi 設定変更を無効にします

 

12.png

 

Device Mode Enhancements

 

•このリリースではデバイスモードに次の機能拡張を加えました:

  • TC8, タッチスクリーン、リモコンでの音量設定

  TC8,タッチスクリーン:音量アイコンをタップし音量変更

  リモコン:リモコン上の音量上下ボタンで制御

 

13.png

Yuki Iwagishi
Message 1 of 1