Plantronics + Polycom. Now together as Poly Logo

[Poly] Poly VideoOS Software 3.1.1 新機能および変更点

yiwagishi
Polycom Employee & Community Manager

[Poly] Poly VideoOS Software 3.1.1 新機能および変更点

 

2020年6月に Poly G7500, Poly Studio X ファミリー共通のソフトウェアである Software 3.1.1-216122 がリリースされました。3.1.1 との差分をリリースノートをもとに解説します。機能タイトルはリリースノートと合わせるため意図的に英語にしています。

 

参考情報

 

Poly Video OS Software 3.1.1-216122  新機能

  • Conferencing provider switch [EN-180348]
  • Studio X Family Certified Collaboration Bar for Microsoft Teams
  • Native Interoperability with 8x8
  • Adjust Studio X50 or Studio X30 Camera Lighting Based on Workspace
  • Disable Poly Device Mode
  • System Acceptlist

 

Conferencing provider switch [EN-180348]

 

標準の会議プロバイダーモードが Poly Video モードとなりました。他モードへの変更はWeb管理画面から実施となります。また、プロバイダ変更時に設定の齟齬がないようにシステムリセットがかかります。

 

Studio X Family Certified Collaboration Bar for Microsoft Teams

 

Studio X50 と Studio X30 が Microsoft Teams コラボレーションバーカテゴリで認定を受けました。

.

Microsoft Teams モードでは下記の機能が利用可能です:

 

 ● 下記のデバイスによるコントロール:

➢ Poly TC8 

➢ Poly Bluetooth リモコン

➢ タッチスクリーンモニタ

➢ Poly Trio システム(現在、サンドボックス機能。 Poly Trio C60, 8800, と 8500: Trio Software UCS 5.9.4 Rev AA ソフトウェアが必要)

● Microsoft Teams 管理センターによるソフトウェア、アプリケーションのアップデートが可能

● Poly は個人のアカウントではなく  Microsoft Teams with your Microsoft リソースアカウント の利用を共用環境に推奨

 

制限

 

●  G7500 では Microsoft Teams モードをご利用いただけません

● サポートするモニタの数は最大1

● HDMI 入力はご利用いただけません

● USB デバイスモードはご利用いただけません

 

Poly Trio を Microsoft Teamsの音声として利用

 

Poly Trio を Microsoft Teams モードでペアリングすると、デフォルトでは Trio の音声は無効となっています。

. To enable Poly Trio audio with Microsoft Teams:

1 Web 管理画面から音声/ビデオ/コンテンツ > 音声 に移動

2 Enable Poly Trio Audio (Speakers and Microphones) にチェック

3 確認し再起動

 

Native Interoperability with 8x8

 

新たなパートナーモードとして8x8をサポートしました。

 

Adjust Studio X50 or Studio X30 Camera Lighting Based on Workspace

 

Studio X50 または Studio X30 のカメラに光の加減を会議室環境に合わせられるよう事前設定を加えました。 Personal Mode オプションはホームオフィスなどの真ん中に人物が配置されやすい構成向けに真ん中の輝度を高めます。

 

Studio X50 または Studio X30 カメラの光の調整:

 

1 システムのWeb管理画面から音声/ビデオ/コンテンツ>ビデオ入力

2 ,  Workspace Lighting 設定を選択

 ➢ Personal Mode: ホームオフィス、キューブ、個人を対象にした小規模ワークスペース向けに輝度を調整

➢ Conference Mode: 会議室向けに輝度を調整

➢ Off

3 保存

 

Disable Poly Device Mode Poly

 

3.1.0 で導入されたUSBデバイスモードを無効にするオプションを追加しました。

 

Note: システムの再起動が必要です

 

デバイスモードを無効にするには:

1 Web 管理画面から 一般設定 > システム設定 > Collaboration Tools.

2 Enable Device Modeのチェックを外し保存

 

 

System Acceptlist

 

アクセプトリスト機能は Web 管理画面、SNMP ポートにアクセス可能なIPアドレスを設定したアドレスに制限する機能です。最大 30 アドレスが設定できます(IPv4 とIPv6 フォーマット)。Web 画面のみでの設定となります

 

Note: システムへアクセスするホストのアドレスが可変の場合、それをカバーする設定にしてください

 

•セキュリティ>アクセス

–ホワイトリストが有効:チェック

ホワイトリストの編集でIPアドレスを編集

Yuki Iwagishi
Tags (3)
Message 1 of 1