Plantronics + Polycom. Now together as Poly Logo

[Poly] Poly VideoOS Software 3.2.0 新機能および変更点

yiwagishi
Polycom Employee & Community Manager

[Poly] Poly VideoOS Software 3.2.0 新機能および変更点

2020年8月に Poly G7500, Poly Studio X ファミリー共通のソフトウェアである Software 3.2.0-222012 がリリースされました。3.1.1との差分をリリースノートをもとに解説します。機能タイトルはリリースノートと合わせるため意図的に英語にしています。

ブログもご参照ください。

 

参考情報

 

Poly Video OS Software 3.1.3-220008  新機能

  • Camera Enhancements on Studio X50 and Studio X30

 Studio X50 および Studio X30 システムでのシャープネス、コントラスト、彩度、輝度および肌の色を最適化しました。,他に 720p ビデオでの品質向上と、ワークスペースでのライティングに機能拡張を加え画質を向上させています。

 

Poly Video OS Software 3.2.0-222012  新機能

  • Support for Zoom Rooms 5.1.2
  • Native Interoperability with StarLeaf
  • Native Interoperability with RingCentral Rooms
  • Multicamera Support
  • USB Camera Support
  • Limit Maximum Camera Digital Zoom
  • Reset Camera Settings to Defaults
  • Configuring HDMI Input as a People Source
  • 3.5 mm Audio Output on Studio X50
  • TC8 Web Proxy Enhancements
  • Updating TC8 Software Using a USB Flash Drive
  • Automatic Software Updates
  • Default Logging Level
  • Device Mode Provisioning Parameter
  •  
  • TC8 Partner Mode Localization
  • Bluetooth Remote Controller DTMF input after #
  • Camera Control for Partner Mode

 

Support for Zoom Rooms 5.1.2

 

G7500, Studio X50, と Studio X30 Poly VideoOS software 3.2.0 での Zoom Rooms と Zoom Rooms Controller applications は 5.1.2 になります。

Web 管理画面上でのバージョン表示は内部バージョンのためメンテナンスバージョンが削除されていますので注意が必要です

 

Web管理画面:5.1.35624.0822 > 実際には5.1.2.35624.0822

Picture1.png

ユーザ画面では、ユーザフレンドリーなバージョン番号である5.1.2.35624.0822

 

Picture2.png

Zoom Rooms for Appliance 5.1.2 では非常に多くの機能が追加されています。例えば通話中の統計情報表示や、ギャラリービューの複数画面対応です。

詳しくは

https://support.zoom.us/hc/en-us/articles/360042041011-New-updates-for-Zoom-Room-Appliances

をご覧ください。

 

Native Interoperability with StarLeaf

G7500, Studio X50, および Studio X30 システムを StarLeaf 対応に拡張しました 。アプリケーションプロバイダから StarLeaf が選択可能です。コントローラとしてはTC8が必須になります(タッチスクリーン、Bluetooth リモコンはサポート外)。 G7500 のカメラはEagleEye IV HDCI のみとなります。

https://documents.polycom.com/bundle/polypartnermode-ag-3-2-0/page/c3989383.html

 

Native Interoperability with RingCentral Rooms

 

G7500, Studio X50, および Studio X30 システムを RingCetnral Rooms対応に拡張しました。アプリケーションプロバイダから RingCentralが選択可能です。

https://documents.polycom.com/bundle/polypartnermode-ag-3-2-0/page/c3989383.html

 

Multicamera Support USB Camera Support

 

Poly Video Mode (および Poly Video Mode 時の USB Device Mode) で G7500 および Studio X50 システムが複数カメラの接続をサポートしました。G7500 または Studio X50 システムにカメラを追加することで手元側のカメラを通話中、通話外で選択できます。また、PolyVideo App Modeのみの機能となります。

 

G7500: 最大3台のUSB HDMI入力 x 1 HDCI x 1

Studio X50: 最大2台のUSB HDMI 入力 x1

 

カメラ選択は、画面上またはTC8で変更可能です。

 

複数カメラを接続時、画面上で選択可能

 

手順 1.

メニュー > カメラ > カメラの選択.

Picture3.jpg

2. リストからカメラを選択。選択したカメラがプライマリに

Picture4.jpg

 

•複数カメラを接続時にTC8でカメラ選択が可能

•手順

–1. カメラを選択.

–2. ドロップダウンメニューからカメラを選択.

Picture5.png

 

電源オン中にカメラを追加した場合、自動的にそのカメラがプライマリカメラとして選択(通話中であっても) プライマリカメラが外された場合、カメラはプライオリティ順で変更:

1. 内蔵カメラ 

2. HDCI カメラ

3. USB カメラ

4. HDMI In (People Video として設定されている場合)

 

管理者設定としては現在の人物カメラからカメラを選択、ユーザ側カメラの選択が有効で画面上、TC8上での変更を不可とすることも可能です。

 

Picture6.png

 

https://documents.polycom.com/bundle/polyvideomode-ag-3-2-0/page/t2687090.html

 

USB Camera Support

 

G7500および Studio X50 でサポート可能な カメラ

  • Poly Studio USB video bar
  • Poly EagleEye CUBE USB
  • Polycom EagleEye IV USB camera
  • Polycom EagleEye Mini USB camera

https://documents.polycom.com/bundle/polyvideomode-ag-3-2-0/page/c4441032.html

 

 

Using the Poly Studio USB Video Bar Microphone and Speakers

 

他のマイク、スピーカーを接続していないとき、 Poly Studio USB をスピーカー、マイクとして利用可能

Poly Studio USB を音声デバイスとして利用する際の注意点:

G7500 または Studio X50 のWeb管理画面、音声設定でUSB音声をオン Poly Studio X50 上で Poly Studio USB の音声をオンにすると、内蔵マイク、スピーカーがDisableに

Picture7.png

 

https://documents.polycom.com/bundle/polyvideomode-ag-3-2-0/page/c4216486.html#c4216486

 

Limit Maximum Camera Digital Zoom

 

Studio X30, X50 の最大デジタルズームをデフォルトで3倍に変更しました。値は 5倍まで設定可能です。

 

音声/ビデオ/コンテンツ > ビデオ入力 最大デジタルズーム係数

Picture8.png

 

Reset Camera Settings to Defaults

 

カメラ設定を変更した後に、Poly Video OS の デフォルトカメラ設定に戻すためのUIを管理画面に追加しました。

 

手順. 

1. Web 管理画面から 音声/ビデオ/コンテンツ>ビデオ入力.

2. デフォルト設定に戻したいカメラ設定から デフォルト設定に戻すを選択

Picture9.pngPicture10.png

 

https://documents.polycom.com/bundle/polyvideomode-ag-3-2-0/page/c4216486.html#c4216486

 

 

Configuring HDMI Input as a People Source

 

Poly Video ModeでHDMI In を People(人物)ビデオに設定 HDMI入力をメインビデオにすることで、HDMI外部ソースからのビデオ体験を向上できます。 ただし、その設定にHDMI入力を変更するとコンテンツ入力として利用不可となります(変更には管理者設定必要)

 

HDMI Input

表示させるビデオのタイプ: 人物

名前:わかりやすい名前に変更 (デフォルト: HDMI Input)

 

注意点: 人物モードではHDMIによる音声入力不可となります。また、PolyVideo App Modeのみの機能となります。

Picture12.png

https://documents.polycom.com/bundle/polyvideomode-ag-3-2-0/page/t4613384.html

 

3.5 mm Audio Output On Studio X50

 

Studio X50 の 3.5mm 音声出力が利用可能になりました。ただし、 3.5 mm 音声入力は今後のリリースでサポート予定となります。

 

手順

1. Web管理画面から 音声・ビデオ・コンテンツ> 音声 > ラインモード.

2. 出力モードから音声の設定を変更:

可変: 利用者がボリューム変更可能. 固定: システムが音声のボリュームを固定

Picture13.png

 

https://documents.polycom.com/bundle/polyvideomode-ag-3-2-0/page/t4208789.html

 

TC8 Web Proxy Enhancements

 

WPADを使ったPACファイルの展開(Proxy の例外設定)がTC8で対応しました。 Web Proxy認証(Basic/NTLM)も対応です。 Codec本体は以前から対応済みで、TC8は Codec本体の設定を利用します。

https://documents.polycom.com/bundle/polyvideomode-ag-3-2-0/page/c2741422.html

 

Updating TC8 Software Using a USB Flash Drive

 

USBドライブによるソフトウェアアップデートで、ペアリングしているTC8の更新も可能となりました。本リリースからの対応となるため、3.2.0 から先へのアップグレードで有効です。

 

https://documents.polycom.com/bundle/polyvideomode-ag-3-2-0/page/t1489762.html

 

Automatic Software Updates

 

自動更新がデフォルトオンになります。(Microsoft Teams および Zoomモードは除く). デフォルトではメンテナンス時間に設定されている1:00 a.m. から 5:00 a.m.の間に更新をチェックしアップデートします。

 

Picture14.png

 

https://documents.polycom.com/bundle/polyvideomode-ag-3-2-0/page/c2752737.html

Default Logging Level

 

Poly VideoOS software 3.2.0 でデフォルトのログレベルが Criticalになります。 Poly はログレベルを数週間、数カ月にわたってDebugにすることを推奨しません。ログレベルをDebug, Info, または Warningにする場合, Poly はログをUSB フラッシュドライブやリモートロギングを利用することを推奨します。

Picture15.png

 

https://documents.polycom.com/bundle/polyvideomode-ag-3-2-0/page/t2890970.html

 

Device Mode Provisioning

 

 

Device Mode の利用可否をprovisioning parameterで設定可能にしました。

 device.local.deviceMode.enable

Enables device mode on your system.

  • True (default)
  • False

 

 

Parameter TC8 Partner Mode Localization

 

  • Poly Video App モード以外でTC8に英語残りがありましたがローカライズされました
  • USBデバイスモード
  • Zoomコントローラ
  • Teams モードコントローラ
  • 各種設定・ステータス情報

 

Bluetooth Remote Controller DTMF input after #

 

Bluetoothリモコン利用時に、# を押した後の振る舞いが、プリセットではなくDTMFとなりました。

 

Camera Control for Partner Mode

 

カメラ制御が右側のパネルに追加(ディスプレイ上、TC8)。 カメラ制御がUSBデバイスモード中、右から左にワイプすることで、パートナーモードでも利用可能に。

 (TC8) カメラプリセット(TC8のみ) 最大10のプリセット ミュート制御がUSBデバイスモード上で可能に USB HID 対応アプリケーションと連動します。

 

Yuki Iwagishi
Message 1 of 1